からだの歪みについて

骨盤は体の中心にあり、「体を支える土台」の役割を担っています。ところが、普段の姿勢や間違った生活習慣、運動不足などによって骨盤はゆがんでいきます。

骨盤のゆがみは、全身の骨格に悪影響を及ぼし、腰痛・膝痛・肩こり・首の痛み・頭痛・冷え性・便秘・生理痛・生理不順といった不快症状や、胃腸障害・高血圧といった生活習慣病を招く原因になります。また、猫背や下腹が出るといった体系の悪化も招きます。

【骨盤が歪んでしまうと・・・】
骨盤は身体の中心にあるため、歪んでしまうと背骨や首にも様々な影響を及ぼします。そのため、骨盤が歪んでしまうと身体のバランスが悪くなり、正しい姿勢を取りづらくなります。悪い姿勢のまま生活をしていると、疲れやすくなり、歪み方によっては内臓が圧迫されたり血流が悪くなり内臓機能が衰えることもあります。その影響で、肩こり・頭痛・腰痛など様々な慢性病の要因となります。

冷え性やむくみも血流が悪くなることで起こる症状のひとつです。血流が悪くなり血液が身体の隅々まで行き届かなくなってしまうと、血液の届かない部位は冷たくなってしまいます。

骨盤が歪むと、お腹の周りなどに脂肪が付きやすくなります。これは骨盤の歪みによって内臓機能が衰えることが原因です。内臓機能が衰えると胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある臓器が圧迫されます。すると、臓器の動きが鈍くなり代謝の低下を招いて脂肪が付きやすくなるのです。

【女性の場合】
女性の骨盤は生理周期に合わせて開閉するように動きます。しかし、骨盤が歪んでいると開閉がスムーズにできずに神経を圧迫するため、生理不順・生理痛などの悪影響の原因に繋がってしまいます。女性にとって骨盤は大切な臓器を保護する役割があるので歪みには注意が必要です。

【日常的な生活が骨盤を歪ませる原因に】
骨盤が歪む原因については生活習慣や日常的な癖などが考えられます。

・座るときは足を組んでいる
・立っているときは片足に重心をかけている
・カバンをいつも同じ肩にかけている
・長い時間おなじ姿勢でいることが多い

このような癖がある人は骨盤が歪んでいる恐れがあります。

また、疲れやストレス、運動不足なども大きく影響しています。骨盤は筋肉で支えられているため、運動をしていないと筋肉が衰え骨盤を支えきれなくなり、不安定となった骨盤は歪みやすくなってしまうのです。

骨盤の歪みは、意識して改善に取り組むことが大切です。まずは自分の身体をチェックしてみましょう。

今すぐ出来る骨盤のゆがみチェック

banner03.png
banner04.png
banner05.png

骨盤の歪みが生じやすい出産後の痛みの症状について詳しく読む