骨盤の歪み

投稿日時:2017年8月18日

骨盤が歪む原因は様々にあります。例えばバッグをいつも同じ方の肩や手で持ってしまう、

足を組んで座る、横座りをする、うつぶせ寝をしている、、、

など、日常生活の中で一方方向に負担のかかる癖があったりすると骨盤に直接関係ないようでも、歪みにつながってきます。

そして、歪みが酷くなってしまうと、肩こり。腰痛。冷え性。むくみなど様々な症状が起こってしまいます。

今回はそんな骨盤の歪みを予防する方法をご紹介します。

①ウォーキング

 骨盤の歪みの原因のひとつには筋肉が弱ることにあります。ウォーキングは手軽に下半身の筋肉を鍛えるのにぴったりです。ウォーキングを行うのはまっすぐに歩ける場所であればどこでも大丈夫です。

 まずはまっすぐ前に向かって歩く練習から始めると良いです。ポイントはつま先とかかとを揃えて立ち、お尻をきゅっと引き締めるよう    にすることです。

②姿勢

 正しい立ち姿勢は、両足を肩幅に開き、両足のかかとに重心がかかるようにし、まっすぐ前を見て背筋を伸ばします。

 このとき、顎が上がってしまわないように注意しましょう。特に、骨盤の傾きを意識して立つことが大事です。

 背筋がのびていても、腰がそってお尻が出てしまう立ち方はNGです。耳たぶ、方の真ん中、膝の横、くるぶしが直線上になるように  立つことが理想的です。

このように当院では様々な症状を予防する方法もご紹介させていただいてます。

本日はブログを見ていただきありがとうございました。

 

 ←ブログ一覧に戻る