О脚の改善

投稿日時:2017年7月08日

О脚とは主に、O脚には大きく分けて先天性О脚「、がに股О脚、内またО脚の3種類があります。

 

先天的O脚は骨の変形や関節の障害などが原因であり、一般的な矯正では治らないことがほとんどです。

 

整形外科医などで治療をする必要がありますが、必ず完治するわけでもありません。

 

生活習慣が原因の場合は、長年かけて歪んできた骨盤の位置を正常に戻すことで、

O脚が大きく改善されるのが期待できます。

 

骨盤が歪んで横に広がると、左右の股関節が外側にずれて、 脚全体の骨・関節も外側に移動していきます。

 

そうすると、筋肉の外側ばかりが酷使されて、 内側の筋肉は緩み、膝や足首も内側にねじれさせます。

 

脚全体を見てみると発達した外側の筋肉が、 脚の骨を引っ張ってOの形に湾曲させます。

 

そして、次第にO脚が完成していってしまうのです。

 

そんなО脚を改善するストレッチがあります。

まず

①膝のあいだを握りこぶし大に空けた状態で体操座りをする

②右手は右膝、左手は左膝に添えて、それぞれ外側から押す

③手の押す力と拮抗するように、膝の間の空間を5秒間キープする

①~③を1セットとし、これを10セット繰り返します。

 

上の簡単な動作で股関節周りがほぐれて、筋肉が強くなり骨盤が正常な位置になるのを助けます。


O脚の原因として運動不足が思い当たる人は、ぜひ試してみてください。

 

本日はブログを見ていただきありがとうございました。

 

 

 ←ブログ一覧に戻る